専門職業人とは

専門職業人とは

リハビリテーション学部リハビリテーション学科が目指す専門職業人とは
少子高齢社会を迎えた現在、子どもから高齢者までの幅広い年代の人々、そして心身に障がいのある人などが、住み慣れた地域において「したい生活」ができるよう、 リハビリテーションの専門職である理学療法士・作業療法士・言語聴覚士は、保健・医療・福祉に限らず様々な領域で活躍することが期待されています。

リハビリテーションの対象となる人々が、心身ともに健康で、セルフケア、就労、余暇活動、学習、生き甲斐、人との交流、その他さまざまな日常の生活活動ができるようになるには、 保健・医療・福祉の専門職だけではなく、地域の住民や産業や文化に関わる人など、多くの人々が互いに連携と協力を行う必要があります。

この地域における多くの職種との連携・協力という支え合い活動において、リハビリテーションの専門職として貢献できるよう、 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士という資格に加え、社会及び地域のニーズに対応できる知識と柔軟な協調性と応用力を身につけ、地域社会に貢献できる人材の育成を目指します。

リハビリテーション学部 学部長 あいさつ


わが国は、世界的にも未曾有な高齢化社会を迎え、従来のリハビリテーション医療に加え健康の維持・増進、疾病の予防、介護予防、生活活動支援を推進するマンパワーとして 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士は不可欠な職種として需要がますます高まってきております。

本学では従来の大学教育に加え、専門職大学の特徴である「理論に裏付けされた【高度な実践力】といろいろなアイディアを生み出し、社会に実装していく【豊かな創造力】」 の育成、そして本学の前身である高知リハビリテーション学院の50年の歴史と伝統、また3,000余名の卒業生とともに培ってきた本学のリハビリテーション“マインド”を伝えることが重要であると考えております。

リハビリテーション学部では、医療チームの-員として高度な医療技術と最新の科学的知見に基づくリハビリテーション医療を実践できる、 心豊かな人間性と社会性を持ったセラピストの育成を目指すとともに、 医療・保健・福祉・療育分野でのフィールド・ワークを通して社会人、医療人として社会貢献をしていくための実践力、応用力を身につけていただきたいと思っております。

本学における職業教育の特徴

1. 人間教育として、職種間の連携にあたり、その共通理解となる基礎医学と幅広い教義を身につける教育に力を入れています。
2. 実践的知識・実践的技術の修得として、4年間の学修課程で理論と実践の関連を基盤とした実践活動と、 学生が主体的に取り組める学修や教育の方法を工夫しています。
3. クラス担任制を導入し、ホームルームや個人面談など、必要に応じた種々のサポート及び指導を行います。
4. 学生への専任教員による個別指導や上級生との学修の機会を、講義時間外に設定するなどのチューター制度を取り入れ、より学修への関心を高めるようにしています。
5. 3つの専攻の学生が、専攻の枠を超えて共同で学修を行う科目を配置し、職種間の相互理解と連携の必要性・重要性を理解できるようにしています。
6. 4年間の学修を通して、人を支える職業に必要となるコミュニケーション能力を育成し、総合的なチーム支援の基盤をつくります。
7. 職業専門科日において実習科目を多く配置するとともに、十分な実務経験と研究業績を有する実務家教員が担当する、 研究者教員と実務家教員が共同で担当することにより、高度な実践的能力を葺います。
8. 地域貢献として、専門職業人として貢献していくための応用力、実践力の育成を図ります。
9. 関連する他分野に関する学修を行い、地域における多くの職種との連携・協力という支え合い活動ができる碁盤をつくります。
Go!NEXT Page > よくある質問

PAGE TOP