理学療法学専攻|高知リハビリテーション専門職大学(仮称)

理学療法学専攻
Division of Physical Therapy
【4年課程 男・女 70名】

目指せる資格・取得できる学位
●理学療法士国家試験受験資格
●学士(専門職)
●日本赤十字救急救命基礎講習終了者認定
●赤十字救急法救急員認定
●住環境コーディネーター2級
●初級障がい者スポーツ指導員
●社会福祉主事任用資格
※掲載内容は予定であり、変更になる場合があります。

理学療法士を目指す

理学療法士とは
病気や怪我などで身体機能に障がいをもつ方に、運動療法および物理療法を用いて諸機能の改善をはかる専門職です。

理学療法士の仕事は、医療(病院)を中心に、保健・福祉施設、地域(在宅)ケア活動、さらに健康維持・増進やスポーツ医学など、健康な人々も対象として、活躍の場が広がっています。

 

本専攻では
理学療法の専門的知識・技術はもとより、人間性と感情豊かな心をもち、障がいを持った人々の「自立」に対して、 広い視野で援助・支援できる理学療法士の養成を目指します。

 

理学療法士が活躍する場
理学療法士が活躍する場の8割が医療機関で、医師の指示のもとで患者さんに理学療法を行っています。
今後は在宅介護が増えることもあり、介護・福祉のフィールドにも活躍の場が広がっていきます。

最新の教育設備

確かな知識と技能を取得
実務経験を持つ専任教員が、専門分野での高度な能力を活かして教育力の向上に努めています。手厚い指導と工夫を凝らした授業内容は、全国学会で表彰されています。 また、社会ニーズに即し、病院などと同様の最新設備を更新しています。

全国の先進的なリハビリテーション施設と連携した臨床実習も積極的に行っています。 実習指導者との緊密な連携によって、個々の学生に応じた学習内容を提供しています。

PAGE TOP